デメリットも理解しよう


インプラントはしっかりと手術をすれば美しい歯を手に入れることができる素晴らしい手術です。しかし、決定する前に手術に伴うデメリットもきちんと理解しておきましょう。納得のいく手術や、術後の経過のためにはデメリットも理解し対処方法を事前に把握しておくことが大切です。

まずは、インプラントの手術を行う際には、部分麻酔を使用する外科手術になることを覚えておきましょう。この場合、はれや痛みを感じることもあります。手術がうまくいかないと神経や血管を傷つけてしまい大量に出血してしまうこともあります。その場合、マヒがずっと残ってしまうこともありますので、信頼のおける医師による手術を行ったほうがよいでしょう。また、インプラントが骨となじまずに動いてしまうこともあります。元の土台となる骨の状態によっては人口の骨を移植したり、自分の骨を移植したりする必要も出てきます。自分の歯の状態でインプラントの成功率がどのくらいかも事前にチェックしておきましょう。

また術後もインプラントは歯よりも防御する力が弱く、細菌が残っていても歯や歯茎を守ることができにくく、歯周病を発症しやすい環境になります。そのため、定期的なメンテナンスに費用や時間がかかります。こうしたデメリットとも言えることをしっかり理解し納得のいくカウンセリングのできる医院での手術をお勧めします。川崎市にある歯科では、メリットとデメリットの治療比較表をまとめたものを公開しているので、参考にしてみてください。