インプラント手術の後


インプラントはあごの骨に穴をあけて器具を埋め込むというおおがかりなものです。そのため虫歯の治療のように軽く考えるのではなく、完了まで一年ほど可能性のあるものとして慎重に考えましょう。人口歯の土台となる部分を埋め込んでから、その傷が癒えて定着しなければ手術を続行することはできません。長い期間治療に要するとしても途中であきらめずにやりとおしていけるよう長期的な計画を立てましょう。

インプラント手術が完了した後もメンテナンスが必要です。インプラントは人工物のため歯槽膿漏などの歯茎のトラブルが生じても自覚症状がなく、定期的に検査をしないと症状が重くなってしまうケースもあるからです。また、歯周病が悪化して周囲の歯肉が傷んでしまうと、インプラントが使えなくなってしまうこともありえます。最悪の場合インプラントが抜け落ちてしまい、せっかくの手術が台無しになってしまいます。

せっかく手に入れたきれいな歯を維持するためにも正しい歯磨きや、プラークコントロールによって健康な状態を維持することに努めましょう。歯科医院での定期的な検診も忘れてはいけません。メンテナンスはできれば3カ月に一回、それが無理でも半年や一年に一回は最低でも通うようにしましょう。