デメリットも理解しよう


インプラントはしっかりと手術をすれば美しい歯を手に入れることができる素晴らしい手術です。しかし、決定する前に手術に伴うデメリットもきちんと理解しておきましょう。納得のいく手術や、術後の経過のためにはデメリットも理解し対処方法を事前に把握しておくことが大切です。

まずは、インプラントの手術を行う際には、部分麻酔を使用する外科手術になることを覚えておきましょう。この場合、はれや痛みを感じることもあります。手術がうまくいかないと神経や血管を傷つけてしまい大量に出血してしまうこともあります。その場合、マヒがずっと残ってしまうこともありますので、信頼のおける医師による手術を行ったほうがよいでしょう。また、インプラントが骨となじまずに動いてしまうこともあります。元の土台となる骨の状態によっては人口の骨を移植したり、自分の骨を移植したりする必要も出てきます。自分の歯の状態でインプラントの成功率がどのくらいかも事前にチェックしておきましょう。

また術後もインプラントは歯よりも防御する力が弱く、細菌が残っていても歯や歯茎を守ることができにくく、歯周病を発症しやすい環境になります。そのため、定期的なメンテナンスに費用や時間がかかります。こうしたデメリットとも言えることをしっかり理解し納得のいくカウンセリングのできる医院での手術をお勧めします。川崎市にある歯科では、メリットとデメリットの治療比較表をまとめたものを公開しているので、参考にしてみてください。

インプラントにかかる費用


インプラント手術には健康保険は適用されません。そのため、治療範囲によっても治療費がまちまちなだけでなく、同じ治療を行っても医院によって料金が異なることもあります。歯科医師の技術などももちろん異なりますので、複数の医院でのカウンセリングを受けて比較して検討するのがよいかもしれません。

平均的なインプラントの費用としては、一本につきだいたい30万から40万円位が相場です。手術そのものの費用のほかに、診察費や術後のメンテナンスにも費用がかかります。通常の歯科手術に比べて、さまざまな使い捨ての用品を用いての施術になることや、すべての歯を手作業で埋めていかなければならないため、高額な手術となります。支払方法は医院によって異なります。一括でしか手術を引き受けないところもあれば、治療期間内での分割での支払いができるところもあります。また、健康保険の適用はありませんが、医療費控除の適用はできます。医療費控除とは一年間のうちに10万円以上の医療費を支払った場合に適用される制度で、所得税が減額されます。申告をすれば、支払った金額の一部が戻りますので、忘れずに申告を行いましょう。

インプラントは治療方法、メンテナンスなど数々の要素が関係します。医療費も大切な検討材料ですので納得のいく決定ができるよう調べておきましょう。

インプラント手術の後


インプラントはあごの骨に穴をあけて器具を埋め込むというおおがかりなものです。そのため虫歯の治療のように軽く考えるのではなく、完了まで一年ほど可能性のあるものとして慎重に考えましょう。人口歯の土台となる部分を埋め込んでから、その傷が癒えて定着しなければ手術を続行することはできません。長い期間治療に要するとしても途中であきらめずにやりとおしていけるよう長期的な計画を立てましょう。

インプラント手術が完了した後もメンテナンスが必要です。インプラントは人工物のため歯槽膿漏などの歯茎のトラブルが生じても自覚症状がなく、定期的に検査をしないと症状が重くなってしまうケースもあるからです。また、歯周病が悪化して周囲の歯肉が傷んでしまうと、インプラントが使えなくなってしまうこともありえます。最悪の場合インプラントが抜け落ちてしまい、せっかくの手術が台無しになってしまいます。

せっかく手に入れたきれいな歯を維持するためにも正しい歯磨きや、プラークコントロールによって健康な状態を維持することに努めましょう。歯科医院での定期的な検診も忘れてはいけません。メンテナンスはできれば3カ月に一回、それが無理でも半年や一年に一回は最低でも通うようにしましょう。

インプラントにかかる期間は?


インプラントとは、失われてしまった天然の歯を補うために開発された治療法のひとつです。歯を失ってしまった部分に人工の歯根を入れることで、本来の歯並びを復元します。

インプラントを完了するための平均的な期間は3カ月から10カ月と、人によって開きがあります。まず、インプラント治療の前にはじっくりと時間をかけて、施術前の歯の状態を調べます。どの歯をインプラントする必要があるのか、今ある歯との兼ね合い、骨格、かみ合わせなどあらゆる情報を整理しながら、手術に備えます。レントゲンやCT スキャンを使うこともあり、人それぞれどのように治療を進めていくかが状態によって異なります。その人にあった施術豊富が決まれば、いよいよ患者の同意のもとに手術の計画が進められていきます。治療費や通院期間、施術に要する時間など、一概には同じにできない要素がたくさんあるためインプラント手術を検討されている方は納得のいくまでカウンセリングを受け、施術するかどうか考えたほうがよいでしょう。

インプラントの手術は、歯茎を切開して人工歯根を埋め込むことから始まります。その人工歯根が定着するまで3カ月は最低でもかかります。インプラントが骨としっかりと結合し土台が出来上がってから、2度目の手術を行うことになります。2度目の手術では、埋め込んだ土台に「アバットメント」と呼ばれる装着手術を行います。この二度目の手術が完了してから数週間後に人口歯をかぶせて完了となります。